シェリーエフケンネルさん出身です。ワンコワールド最高! ジャックラッセルにより生活パワーアップ!!!
02 * 2017/03 * 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
08/11
共感
お暑うございます。

そんな暑さを吹き飛ばす
熱い涙、熱い思いを毎日いただいている。
リオオリンピック&甲子園。
201608110855134d4.jpeg





暑いのにシンクロ睡眠。
20160811085559a06.jpeg






ネット上に父の投稿、「障害者の息子へ」広がる共感
というニュース23でとりあげられた動画をのせようと思ったけれど、もう動画は期限切れ。
せめて文章だけでも載せようと思う。


「私は思うのです。長男が、もし障害をもっていなければ。あなたはもっと、普通の生活を送れていたかもしれないと。私は、考えてしまうのです。長男が、もし障害をもっていなければ。私たちはもっと楽に暮らしていけたかもしれないと」

「何度も夢を見ました。『お父さん、朝だよ、起きてよ』長男が私を揺り起こしに来るのです。『ほら、障害なんてなかったろ。心配しすぎなんだよ』夢の中で、私は妻に話しかけます。そして目が覚めると、いつもの通りの朝なのです。言葉のしゃべれない長男が、騒いでいます。何と言っているのか、私には分かりません。ああ。またこんな夢を見てしまった。ああ。ごめんね」

「幼い次男は、『お兄ちゃんはしゃべれないんだよ』と言います。いずれ『お前の兄ちゃんは馬鹿だ』と言われ、泣くんだろう。想像すると、私は朝食が喉を通らなくなります。そんな朝を何度も過ごして、突然気が付いたのです。弟よ、お前は人にいじめられるかもしれないが、人をいじめる人にはならないだろう。生まれた時から、障害のある兄ちゃんがいた。お前の人格は、この兄ちゃんがいた環境で形作られたのだ。お前は優しい、いい男に育つだろう。それから、私ははたと気付いたのです。あなたが生まれたことで、私たち夫婦は悩み考え、それまでとは違う人生を生きてきた。親である私たちでさえ、あなたが生まれなかったら、今の私たちではないのだね」  そして、自閉症の長男から気付かされたこと・・・

  「ああ、息子よ、誰もが健常で生きることはできない。誰かが障害をもって生きていかなければならない。なぜ、今まで気づかなかったのだろう。私の周りにだって、生まれる前に息絶えた子が、いたはずだ。生まれた時から重い障害のある子がいたはずだ。交通事故に遭って、車いすで暮らす小学生が、雷に遭って、寝たきりになった中学生が、おかしなワクチン注射を受け、普通に暮らせなくなった高校生が、嘱望されていたのに突然の病に倒れた大人が、実は私の周りには、いたはずだ。私は、運よく生きてきただけだった。それは、誰かが背負ってくれたからだったのだ」  最後は、長男に直接呼びかけます。

  「息子よ。君は、弟の代わりに、同級生の代わりに、私の代わりに障害を持って生まれてきた。老いて寝たきりになる人は、たくさんいる。事故で、唐突に人生を終わる人もいる。人生の最後は誰も動けなくなる。誰もが、次第に障害を負いながら生きていくのだね。息子よ。あなたが指し示していたのは、私自身のことだった。息子よ。そのままで、いい。それで、うちの子。それが、うちの子。あなたが生まれてきてくれてよかった。私はそう思っている。父より」


やりきれない障害者施設の事件から3日後に投稿された父の思い。
なんだか救われた気持ちになった。
忘れたくない。
読み返し元気をもらいたい。
そんな思いでフェイスブック共有と、自分のブログにも載せることにした。

励みになります。よろしかったらクリックお願いいたします↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
ジャックラッセルを家族にとお考えの方は
       シェリーエフHPへどうぞ\(^o^)/  
 
            興味のあるかた、電話連絡をしてみてください(^_^)/~ 
              次回のパピー達の見学が優先的にできるようです!
関連記事
スポンサーサイト
コメント

私も応援に声を枯らす毎日です。
こうして 穏やかに日常を暮らせる喜びって 普段 気づかないですよね。
でも 健常者、障害者の違いって何だろうか
健常者にみえても 健常じゃないこともあるし、障害者でも障害に思えない人もいる。
やはり 心の問題じゃないかな。
誰でも 何か障害を持っているし、健常でもあると思うんです。

見えない部分にも 思いやりや 優しさをもてる心を持っていたいものですね
りふぉんママ [URL] 2016/08/12(金) 11:44 [編集]

りふぉんママ~~!!
ありがとうございます。
障害者っていう言葉では色々と考えさせられます。
ただ、障害者という言葉は
障害をもつ健常者ということで
人権は同じであり、
障害の部分への援助は当然のこと。
どんな障害をもっても平等な世界で生活できればと思います。

数年前は車椅子での電車の乗り降りもできなかったという現実。
今になってなりたってきたバリアフリーやノーマライズの世界。
これからもっともっとそんな部分が整備されればと願います。
自分が歩けなくなった時にどうなっているのでしょうね(´^_^`)

伝助&ローラ [URL] 2016/08/13(土) 07:34 [編集]

そうですね。ほんとやっとのことです。
障害者差別解消法にしたって
国際的な動きの中で
遅れに遅れて成立したのですから
これからです。
ちなみに我が市などでは表記は「障がい者」と
ひらがなを使います。
華&あず [URL] 2016/08/13(土) 21:18 [編集]

華&あずさん~~!!
なんだか嬉しいです。
障がい者と表記する市。
湖南市ですか?(*^ヮ^*)
子供を子どもと表記するのと同じですよね。
みなさんの理解が広がるといいです。
伝助&ローラ [URL] 2016/08/14(日) 07:52 [編集]

おはようございます。^^
昨日コメントしたかったのですが、
遅くなって・・・
私も共感します。っていうか!娘が、一人生まれながらに病気を持って産まれました。
今は、回復していますが、・・・
完治では、ありません。><

どんな障害が、あろうと同じ人間、まして、自分の子なら産まれてきてくれてよかったと思います。
偏見や差別のない社会になってほしいですね~
でも、それには、子供達にも、きちんと教えていかないとと思います。

小さい頃から、子供達には、障害者施設で、一緒にお仕事する体験をさせていただいたり・・・
たまたま、実家近くに優しい障害者のお兄さんが、居たので、いつも一緒にあそんでもらったりと・・・
子供たちには、経験させてきました。
その影響か?!今その病気を持って産まれた娘は、大学で障害者専攻の資格もとり、今は、教職についています。
小さい頃から何度も手術をしたり、痛い思いしたりと、我慢ばかりしてきた子ですけれど・・・
その経験や、障害者さんたちと一緒に色々体験させていただいたことが、身になった体験として、子供達に同じだと
少しは、分かってもらえたのかな?なんて・・・
今では、思っています。私も子供とともに一緒に体験させて、頂き随分と勉強になりました。

あの事件を見たとき、犯人は、どこで?あんなにゆがんだ考えになってしまったのか?

ご家族にとったら、大切な家族なのに・・・どうしてそのことが、分からないのか?と・・・
大変なショックを受けました。
やはり、小さいときから両親は勿論、社会全体で、子供達をきちんと正しい方向へ導くことが、大切だと思った事件です。><
machiz4 [URL] 2016/08/14(日) 08:50 [編集]

machiz4さん~~!!
ご丁寧にいいお話しをありがとうございます。
素敵なお嬢さんですね。

私は仕事柄、指先しか動かない呼吸器をつけた方たちや
いろいろな障害をもちながら
たくましく前向きに生活されている方たちと接することが多いのですが、
いつもこちらの方がそんな方たちに勇気を貰う事が多いのです。

痛ましい事件のあと、このRKB神戸金史さんの投稿はとっても心に響き救われた思いでした。

こうやっていろいろな方からコメントをいただくのもとっても嬉しいことです。
ありがとうございました。
伝助&ローラ [URL] 2016/08/15(月) 11:11 [編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2016/08/17(水) 19:09 [編集]

LuLuさん~~!!
いつも感動をありがとうございます。
LuLuさん、大好き( *˙-˙* )❣
伝助&ローラ [URL] 2016/08/19(金) 08:04 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 伝助&ローラ.
all rights reserved.